脳の体内時計のリズムを調整してくれる

うまく睡眠がとれない人は、病院などで睡眠薬を処方してもらうようです。大量に飲むと非常に危険な薬なので、飲むときは注意が必要です。薬なので副作用はそれなりにありますし、慣れてしまうと寝られなくなるときもあるようです。そんな中睡眠サプリと呼ばれるものが登場しました。サプリなので薬ではなく健康食品です。食べすぎて問題がないわけではないですが、薬のような副作用は少ないようです。あるタイプは脳の体内時計を調整する働きがあるとされます。眠れない人は体内時計が狂った状態になっている人がいます。夜寝たいときに眠れず昼間に眠気に襲われるなどになります。体内時計が正常になれば、夜に自然に眠気がやってきて、昼にしっかり活動できるようになります。

気分を明るくしてリラックス効果が得らえる

次の日に何かがあると眠りにくい時があります。子どもなら遠足の前日、大人ならゴルフの前日などに経験するかもしれません。楽しいものだけでなく嫌な行事などでもそれが気になって眠りにくくなるときがあります。通常は毎日はありませんから、眠れないのもその時だけです。しかし、眠れない状態の人には寝る時に変に興奮状態になってしまうようです。眠りにくくなると余計に意識をしてしまいます。この時に利用すると良い睡眠サプリとして、気分を明るくしてリラックス効果が得られるタイプがあります。脳の興奮状態を抑えてくれる成分が入っていて、リラックスした状態で眠りにつけるようになります。慢性的に眠れない人以外に、単発的に興奮して眠れないときにも使えそうです。

睡眠をサポートする睡眠サプリの主な成分はグリシン、セントジョーンズワート、バレリアン、カルシウムなどです。不眠に直接作用するわけではありませんが、どれも大事な成分です。