ほくろの大きさによって異なるほくろの除去方法

ほくろの除去方法は意外とたくさんある

ほくろは一度気になってしまうと、どうしても取りたくなってしまうものです。小さいほくろであれば時間の経過と共に忘れられるかもしれませんが、ある程度の大きさがある場合、鏡を見る度に憂鬱になってしまいます。そんな厄介なほくろを除去する方法は、実はたくさんあることをご存知でしょうか。まず自宅でほくろを除去する方法としては、ほくろ除去クリームやもぐさを使う方法があります。いずれも比較的安い費用で行えますが、必ずしも効果を発揮できるとは限りません。綺麗にほくろを除去したいのであれば、医療機関で治療してもらうのが有効です。

医療機関におけるほくろ除去について

医療機関で行われているほくろ除去治療は、ほくろの大きさや形状によって異なっています。まず直径が1センチ以上あったり、盛り上がりがある大きなホクロの場合は、電気メスや高周波メスによるほくろ除去手術が有効です。治療時間は5分から10分程度と短く、傷跡もほとんど残りません。メリットが大きい治療法ですが、根深いほくろの場合は、複数回に渡って手術を行うケースもあるようです。一方、ほくろの直径が6ミリ以内の小さなほくろの治療方法として有名なのが、くりぬき法です。この方法は円筒形のメスを用いて、ほくろがある部分の皮膚をくり抜いてしまいます。切除した後は、軟膏を塗って止血するのが一般的です。くりぬき法の利点は、簡単に出来て再発の心配がほとんど無いことです。その反面欠点としては、術後の出血が止まりにくかったり、稀に感染症を起こす危険性があることが挙げられます。その他、突起しているほくろの場合は、液体窒素を用いた凍結法が有効な治療法とされています。

ほくろ除去は美容整形外科で手術によって取ることができます。ほくろは小さいものなので、取る際に痛みはあまりありません。