代表的なシミは紫外線と加齢が原因

シミが顔にできると、老けてみられがちです。代表的なシミは日光性色素斑といい、原因は紫外線と加齢です。紫外線を浴びると肌を守る働きによってメラニン色素が発生しますが、ターンオーバーで余ったメラニンが排出されないとシミになってしまいます。シミ予防には紫外線対策が必須といわれていますが、一般的な塗る日焼け止めのほかに、最近飲む日焼け止めサプリが注目されています。

紫外線からのダメージを軽減する

飲む日焼け止めサプリは、紫外線からのダメージを軽減することができる成分が配合されています。国産品の主成分には、天然ポリフェノールであるニュートロックスサンが使用されています。ポリフェノールは抗酸化作用があることで有名ですが、ニュートロックスサンも同様に高い抗酸化作用を持っているため体の内側から紫外線対策ができるというわけです。天然成分なので副作用の心配もなく、日に当たる30分ほど前までに飲んでおけば4~6時間ほど効果が持続します。また飲み忘れた場合でも、日焼け後に飲めば効果が期待できるのも特徴です。塗る日焼け止めのように塗り直しが必要なく、汗や水の影響を受けないことがメリットといえます。体の内側から紫外線対策をすることで、シミ予防が期待できます。また、塗る日焼け止めでは対策ができない目への紫外線対策にも効果的なのでおすすめです。ただ、飲む日焼け止めは内側からダメージを軽減できますが、塗る日焼け止めは外側からのダメージを軽減することができます。働きが異なるため、両方を併用することがおすすめです。

シミを消すには沢山の方法があります。美容液を塗ったり、エステで美白する方法もあります。値段もピンキリです。